産業用太陽光発電

pht_04
主に産業用太陽光発電は、メガソーラーなどの大規模な太陽光発電所や、学校・病院といった公共施設、工場・倉庫、オフィスビルなどに設置します。導入先では、固定価格買取制度(フィード・イン・タリフ)を活用することにより、稼働時から安定した収益の確保をすることができます。

近年ではグリーン投資減税制度や国や各自治体が行っている補助制度を活用することで、初期費用を抑えることができ、更には減税効果が見込めます。地球環境温暖化が騒がれるなか、自然エネルギーの普及につれ、太陽光発電の導入によってCO2削減など環境保全に貢献できるため、企業の社会的責任(CSR)を果たすうえでも注目されています。

また発電量が優れた太陽光発電システムと大容量リチウムイオン蓄電システムなどの、企業様、各公共施設のご要望に応じたプランをご提供致しております。